今の日本において個人の部屋のセキュリティを考えます。

ワンルームマンションのセキュリティ最前線

日本は他国に比べて治安のよい国です。人々は穏やかで犯罪率は低く、まさに「安心して暮らせる国」だといわれています。実際外国から訪れた人の多くはその犯罪率の低さに驚きます。昨今少し犯罪率が増えたとはいえ、世界の中ではまだまだハイレベルな治安の良さを保っています。日本の警察機構も様々な問題を抱えているとは言われてはいますが基本的に優秀であり犯罪検挙率も下がってきてるとはいえ世界的に見れば上出来と言えるレベルです。

日本のこの治安は柔和な国民性や規律のとれた国家権力によるものと多くの人は考えます。しかし実はそれだけではありません。それはセキュリティにおける日本のレベルが非常に高いということです。日本の防犯技術また心がけが多くの人が犯罪に走るのを未然に防ぐ役割を果たしています。特に、他の人の家に侵入し窃盗強盗を働く、という部分で日本の家屋住居におけるセキュリティ機能がその実行を阻止または諦念させています。もちろん技術だけではなく、日本におけるしつけ、指導、教育が基準の高い治安を成し遂げてきました。

ですからここで、部屋の環境チェックし、防犯対策についてもう一度思い返してみましょう。だれにでも関係のあるストーカーの存在をしっかり認識し、危機感をもって自分の中での「防犯」姿勢を省みましょう。

特に一人暮らし、ワンルームマンションにおけるセキュリティを技術と心がけの点から調べていきたいと思います。

  • 部屋の環境のチェック
  • 防犯対策をする
  • ストーカーの存在
  • 小さなことが防犯につながる
Copyright(C) 2011 - ワンルームマンションのセキュリティ最前線 - All Rights Reserved.